手

遺品整理業者の高まりつつある需要

夫婦

ひと昔前なら二世帯、三世帯同居が多かったため、遺品整理もそれほど難しいものではありませんでした。しかし昨今は核家族化が進み、親子離れて暮らすケースも増えてきました。そうなると遺品整理も大変で、遠方に住んでいるなどの場合はその往復だけで時間がかかってしまいます。
そうした時代背景から最近では、遺品整理を専門の業者に依頼する人が増えてきています。遺品整理を専門にした業者では貴重品の仕分けや不用品の処分、さらには形見分けの郵送代行に遺品の供養まで引き受けてくれるため、遠方に住んでいる遺族や日々の忙しさに追われて遺品整理をする時間もない方にとっては非常に助かります。
ただし業者に遺品整理を依頼する際には立会人が必要になります。これは絶対に立ち合いをしなければならないと決まっているわけではないのですが、大切な遺品を任せるわけですから、やはり最低一人は立ち会った方が良いでしょう。
もしどうしても無理な場合には最初と最後だけ立ち会うということもできますが、その時には必ず信頼できる業者でなければなりません。考えたくありませんが、貴重品がなくなる等のトラブルに見舞われることも少ないながらありえます。したがってなるべくなら終日立ち合いをしましょう。

オススメ記事

握手

遺品整理業務の流れと業務内容

遺品整理というのは、大切な身内を亡くされた遺族が前向きな気持ちになるための一つのきっかけとなるのではないでしょうか。遺品整理について考える頃となると身内が亡くなってからある程度時間も経っているで…

MORE
夫婦

遺品整理業者の高まりつつある需要

ひと昔前なら二世帯、三世帯同居が多かったため、遺品整理もそれほど難しいものではありませんでした。しかし昨今は核家族化が進み、親子離れて暮らすケースも増えてきました。そうなると遺品整理も大変で、遠…

MORE
車椅子

遺品整理はいつ行うべき

遺品整理というのはいつ頃から始めれば良いのでしょうか。気持ちの整理がついてから?49日が過ぎてから?それとも葬儀が終わったらなるべく早く行った方が良いのかなど迷いますよね。ですがそこに明確な決ま…

MORE
帽子をかぶった男性

信頼できる遺品整理業者とは

遺品整理というのはその性質から故人の貴重品等を捜索、発掘するという側面を持っています。また場合によっては遺言状などの重要な書類が出てくる可能性もあります。したがって遺品整理を業者に任せる場合には…

MORE

見所一覧